• 印刷する

テイクオフ:香港に引っ越してから、…

香港に引っ越してから、中古品取引アプリ「カルーセル」にお世話になっている。「アジア版メルカリ」との呼び声高いアプリだが、メルカリと違い、基本的に直接会ってモノの受け渡しをする。引っ越してから約1週間でイス、シューラック、電子レンジ、ごみ箱などを安価で譲り受けた。

無料で出品している人も多く、受け取ってからのタクシー代を含めても、新品を買うよりも安い。そして何よりも、エコなところがいい。引っ越しのたびに新しい家具や家電を買うのは、罪悪感が伴うからだ。

中古品は、前の所有者の「よくない運」を背負ってしまう気がするから買わない――。10年前、香港の友人に言われたことがあり、香港人は中古品を嫌うものだと思っていたが、時代は変わったようだ。SDGsブームだからか、物価上昇で節約指向が高まったからなのか。何にせよ、循環型経済バンザイである。(粥)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

指定検疫ホテル2.3万室に 2カ月で3.8倍、入境者増に対応(05/27)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/27)

ドンキ「鮮選寿司」、小西湾に3号店(05/27)

キャセイ乗組員、アプリに全活動の記録義務(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

MTRC、鉄道と不動産に1千億ドル投資(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン