• 印刷する

テイクオフ:首都ジャカルタの目抜き…

首都ジャカルタの目抜き通り、スディルマン通り。このエリアは歩道も広く整備が行き届き、道路中央には州営公共バス「トランスジャカルタ」専用レーンも整備されている。バス停留所にもつながる新しい歩道橋の改修工事も進む。エレベーターや、写真撮影用の展望エリアも併設されるそうだ。

ただ問題は歩行者の横断。改修中の歩道橋付近にあるトランスジャカルタの停留所で下車したときのこと。休日の夜間だったせいか、信号機のボタンを何度押しても青にならない。交通量が多く、なかなか車が途切れそうにない。結構な速度で走りすぎる車を目に横断をためらう。

隣の人に「渡りましょう」と声をかけられ、手を上げて小走りで横断。車には思わずクラクションを鳴らされてしまう始末だった。歩道橋の改修も良いが信号機のシステムも改善してほしい、と切実な思いだ。(純)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシア人には「ま…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

植物由来食品の新興企業 創業8年で売り上げ10倍(01/20)

21年電動車販売3200台、EVは5倍以上に(01/20)

現代自、「アイオニック5」を現地生産へ(01/20)

首都圏LRT運賃引き上げ、事業費膨張で(01/20)

東南アの訪日客、21年はコロナ禍で94%減(01/20)

パプアLNG事業、12月に新トレーン稼働へ(01/20)

石油ガス上流、今年の投資目標132億ドル(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン