スー・チー氏、刑法違反容疑を否認

ミャンマーの民主化指導者アウン・サン・スー・チー氏は首都ネピドーの特別法廷で26日、国軍に訴追されている刑法505条(b)項違反容疑について証言し、これを否認した。地元メディアが同日伝えた。  スー・チー氏が審理で証言するのは初めて。同氏の弁護団が国軍からメディアな…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

中部2カ所に発電所、公社が入札公告(13:26)

新規感染者、2日連続で300人下回る(11:19)

民主主義「侮辱」、欧米が判決を一斉非難(08:18)

キリンHD、国際仲裁を提起 国軍系とのビール合弁の解消巡り(12/07)

キリン、ミャンマー事業難路続く(12/07)

スーチー氏に禁錮2年、軍事政権が初判決(12/07)

デモ弾圧に市民怒り、沈黙のスト呼び掛けも(12/07)

トウモロコシ生産コスト、前年比の2倍以上(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン