• 印刷する

テイクオフ:啓徳(カイタク)のクル…

啓徳(カイタク)のクルーズターミナルに2隻並んだ「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」と「ゲンティン・ドリーム」。どちらも最大3,000人を超える乗客を収容できる大型客船で、その威容はふ頭から眺めるだけでも圧倒的だ。

香港では7月末から、無寄港のクルーズ旅行が解禁された。手頃な料金で豪華な船旅を体験できるとあって人気を博していたところ、先週21日にスペクトラムの船員に新型コロナの陽性者が見つかり、同船は21日間の運航停止となってしまった。

感染者が接客担当ではなかったため、幸い乗客は出発前に下船が認められたものの、横浜の「ダイヤモンド・プリンセス」の記憶がよみがえる。海外との行き来が制限されて久しい中、狭い香港から一時の脱出を味わえる船旅だが、その開放感とは裏腹に閉鎖空間のリスクがあることを改めて認識させられた。(港)


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

滴滴出行が米上場廃止へ、香港上場へ転換(12/03)

「健康コード」10日から運用 本土往来の通行証、ネットで申請(12/03)

新たに6人感染、域内ゼロ=累計1万2445人(12/03)

来年1Qの賃上げ率1.7%、求人サイト調査(12/03)

展示即売「工展会」、11日から2年ぶり開催(12/03)

国際線予約が一転再開、邦人帰国に対応へ(12/03)

キャセイの旅客輸送能力、通常の7%に低迷(12/03)

航空会社が政府判断で混乱、顧客の照会に追われ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン