中国恒大、用地費用未払い=資金難

【大連共同】ロイター通信は14日、経営危機に陥っている中国不動産大手の中国恒大集団(広東省深セン市)が、吉林省長春市から入札で入手した開発用地の代金の一部を支払っていないと報じた。米ドル建て社債の利払い遅延を繰り返すなど資金繰りに難航している。 ロイターによると…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

大物逮捕、カジノ業界に打撃 VIP売り上げ半減の予測も(11/30)

テイクオフ:出張のため上海の空港に…(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

羅湖など3カ所に投票所、本土の有権者向け(11/30)

乳幼児・妊婦向け市場が伸長 所得向上追い風、24年に7.6兆元(11/30)

中国が豪産石炭を輸入、昨年12月以来初めて(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

ゼロコロナ政策、最低4700万人の感染防止(11/30)

11月の輸出入は過去最大、累計収支黒字に(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン