トヨタ生産維持綱渡り、半導体とコロナがリスク

【共同】トヨタ自動車グループの2021年上半期の世界販売が過去最多となった。世界的な半導体不足の影響を最小限にとどめつつ、新車需要の回復を捉えたことが奏功した。だが、半導体不足の長期化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による部品調達の遅延も顕在化しており、生産の…

関連国・地域: 中国ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、5カ月ぶり増加(09/17)

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(16:53)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(09/18)

浦和レッズ、地元クラブと提携 筆頭株主の三菱重工は商機に期待(09/17)

テイクオフ:日本でも中国の野菜をよ…(09/17)

車生産奨励策、業界が歓迎 電動二輪に追い風=専門家(09/17)

天ぷらまきの、22日に海外1号店(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン