GC緑十字の感染症研究、施設認可を申請

韓国製薬大手のGC緑十字が29日、細菌やウイルスなど病原体の危険度を分類したバイオセーフティーレベル(BSL)で4段階の上から2番目「BSL3」に相当する研究施設の設置・運営認可を韓国疾病管理庁に申請したと発表した。認められれば、国内の製薬会社で初めてBSL3施…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2008人増(09/19)

ワクチン1回目42.8万人増、接種率69.0%(09/19)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン