〔のぞき見〕日月潭の底から清代の墓碑?

台湾で水不足が問題となる中、台湾最大の湖、日月潭の底で発見されたという墓碑の写真がフェイスブックに投稿され、注目を集めている。表面に刻まれた文字から、275年前の清の乾隆帝時代のものと推測されている。蘋果日報が伝えた。 墓碑の右側には「乾隆丙寅年修」、中央…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コロナウイルスワクチ…(05/11)

TSMCと歩む繁栄の道 半導体をつくる島の未来(1)(05/11)

TSMCの4月売上高、前年同月比16%増(05/11)

聯発科技の4月売上高、前年同月比78%増(05/11)

光磊、日亜化学と次世代技術など提携強化へ(05/11)

穏懋半導体、南科新工場に100億元投入へ(05/11)

中鋼の1Q決算、90億元の黒字(05/11)

カ聯鋼鉄の高雄工場で火災、1人を病院搬送(05/11)

東芝が高鉄から電気設備受注、76億円(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン