アリババ、事業影響を否定=業者の待遇改善強調

【北京共同】中国電子商取引(EC)最大手、アリババグループは12日、中国当局が独占禁止法違反で182億元(約3,000億円)の罰金を科した処分に関してアナリスト向け説明会を開き、張勇会長が「事業に重大な影響はない」との見解を示し、市場の懸念払しょくに追われた。 張氏はそ…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国業務に復帰して1カ…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

「来港易」は外国人も対象に 本土居住者の隔離免除、長官明言(05/12)

人口14.1億人に増加 20年版国勢調査、高齢化が進行(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

反不正当競争法の執行強化、営業秘密保護で(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

脱貧困県から農産物調達、農村振興へ(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン