保険各社、コロナワクチン副反応の補償続々

香港で2月から新型コロナウイルスワクチンの接種が始まる予定になっていることを受け、保険会社の間ではワクチンの副反応による健康被害が生じた際の医療費を補償する取り組みが広がっている。副反応に対する懸念を和らげ、ワクチン接種を後押しする狙いがあるとみられる。 香港…

関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 医療・医薬品金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下で人と会う機会…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新たに13人がコロナに感染、累計1万1032人(03/03)

政府、飲食店に食後処理専門員配置義務付け(03/03)

持ち家比率20年ぶり低さ、若者世代で顕著(03/03)

反落、金融市場のバブル懸念表明で=香港株式(03/03)

特別買収目的会社の上場制度、金融委が整備指示(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン