• 印刷する

厳格な活動制限令の地域拡大、16日から

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)兼国防相は15日、クランタン州に16日から厳格な活動制限令を敷くと発表した。期間は、既に同令が敷かれる首都圏などほかの8州・連邦直轄区と同じく今月26日まで。新型コロナウイルス感染者の急増を受けた措置となる。

クランタン州には、13日から条件付き活動制限令が敷かれていたが、新型コロナのクラスター(感染者集団)によって新規感染者が急増した。地元各紙によると、イスマイル氏は、10日以降、クランタン州の新規感染者数は1日当たり80~100人に上り、14日時点で累計感染者数が1,649人となったと指摘。クランタン州のコタバルやバチョクなど7地区が、陽性患者(入院者)41人以上の「レッドゾーン」地区となっているという。

17日付ニュー・ストレーツ・タイムズによると、16日のクランタン州の生鮮市場では客足が激減した。関係者は「通常は午前7時から午後2時まで営業しているものの、客が少なく、早く閉めざるを得ない状況だった」と述べた。厳格な活動制限令下では、外出や企業活動が規制される。生鮮市場の操業は午前7時から午後2時まで許可され、買い出しのための外出は認められている。

■サラワク州の一部にも

イスマイル上級相はまた、サラワク州南西部のシブ周辺に16日から29日までの2週間、厳格な活動制限令を敷くことも明らかにした。対象地域はシブ、カノウィット、スランガウ各地区。

同州では、州都クチン、シブ、ミリに13日から26日まで条件付き活動制限令が敷かれていたが、シブ地区での感染者急増を受け、同地区と周辺では厳格な活動制限令に切り替えた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英米のワクチンなんか…(03/02)

コロナ収束後に議会解散へ 就任1年で首相表明、来年以降か(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

新規感染1828人、4日ぶり千人台(03/02)

RM1=26.3円、$1=4.06RM(1日)(03/02)

外国人労働者の検査期限、3月末まで延長へ(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

病院経営IHH、20年通期は48%減益(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン