• 印刷する

テイクオフ:タイでは20日、201…

タイでは20日、2014年のクーデター以降初めてとなる地方選挙が実施された。6年ぶりとなり、個人的にも開票結果から目が離せない。

首都バンコクと地方では、教育や公衆衛生、交通インフラなどあらゆる面で格差が大きい。バンコクには無数の病院や学校がある一方で、医師や教師が不足している地方がある。また、バンコクでは高架鉄道や地下鉄が走る一方で、地方では公共バスどころか道路さえ舗装されていないこともある。

発展が停滞している地方では、同じ政治家が長きにわたりトップを務めているケースがあり、金で票を買っているとのうわさがある。地方の貧しい人たちにとっては、未来よりもその日の暮らしの方が大切であり、生活費ほしさから買収されてしまっても仕方がない。今回の地方選をきっかけに、この悪循環が解消され、地方活性化の第一歩となることに期待している。(ワ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ人に「バンコクでお…(03/04)

クーデター翌週に輸入75%減 社会不安が影響、輸出減は限定的(03/04)

中小製造業のIoT活用支援 AOTS、人材育成を本格始動(03/04)

ヤマト、小口保冷配送でISO国際規格取得(03/04)

住宅オリジンと物流JWD、共同で倉庫開発(03/04)

タイ航空が再建計画提出、負債完済に10年(03/04)

不動産SCアセット、タイ初のICO実施へ(03/04)

10~14日に注文住宅の展示会、需要回復期待(03/04)

ドコモと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン