受動部品、21年2Q以降に値上がりも

受動部品業界では、2021年第2四半期(4~6月)以降の値上がりが予想されている。電気自動車(EV)や第5世代(5G)移動通信システムなどの発展に伴い、需要が大幅に拡大する中でも、受動部品各社は生産能力の増強に慎重で、在庫水準が低下傾向にあることが背景。24日付経済…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

公共事業の民間誘致、20年契約額は10年最多(18:17)

新型コロナ、1人の域内感染を確認(18:30)

テイクオフ:春節(旧正月)を来月に…(01/20)

鴻海がベトナム投資加速 今年7億米ドルか、リスク分散へ(01/20)

通信3社、マザーボードなどを相次ぎ値上げ(01/20)

中華電信、亜洲新湾区の通信網整備に3億元(01/20)

信邦電子、21年売上高は過去最高も(01/20)

中天生技、海外事業の展開を今年加速へ(01/20)

西勝国際、電動二輪車の品睿緑能科技に出資(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン