FTAとGSP輸出額、1~7月は15%減

タイ商務省貿易局は26日、自由貿易協定(FTA)と一般特恵関税制度(GSP)を活用した今年1~7月の輸出額が、前年同期比14.8%減の354億米ドル(約3兆7,000億円)だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行が影響した。27日付バンコクポストが報じた。 FTAを活…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(02:47)

財務局、首都東郊の高齢者住宅第2期開発へ(12/04)

【BCG経済】仏スエズが再生プラ工場稼働 アジア初拠点、東南アへ輸出狙う(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

隣国からの帰国者含む13人感染(3日)(12/04)

物流ケリー、今月第4週目にタイ証取上場へ(12/04)

工業連盟、ごみ発電所の電力買い取り求める(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン