• 印刷する

テイクオフ:両親ともにタイ人でタイ…

両親ともにタイ人でタイ国籍だが、幼少期から海外で過ごし、英語で教育を受けてきた。大学進学とともに帰国したが、大学でも授業がすべて英語で行われるカリキュラムを選んだため、今でもタイ語より英語の方が得意だ。

先日、大学時代の友人と買い物に出掛けた時のこと。友人とはいつも通り英語で話し、店員にはタイ語で話し掛けた。すると、店員たちが「タイ語を話せるなら、なぜわざわざ英語で会話しているのかしら?」とひそひそ話し始めた。英語力をひけらかしていると思われたようだ。インターナショナルスクールに通った友人たちも同じような経験をしたことがあるという。

ボーダレス化が進む昨今、さまざまなバックグラウンドを持つ人がおり、見た目とその人の文化や言語が必ずしも一致するとは限らない。タイ社会がそういった人たちにより寛容になることを期待している。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

投資委、タイのメディカルハブ化を推進(19:06)

PTT小売子会社、コーヒー事業会社を買収(19:06)

テイクオフ:優に100人以上は座れ…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

ダイヤモンド電機、東部に生産機能を集約(12/02)

タイPTT合弁事業など5件認可、投資委(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン