韓国初の営利病院、開院取消しは「適法」

韓国初となる営利法人の病院「緑地国際病院」の開院を巡り、済州地裁は20日、済州特別自治道による開設許可取り消しを正当とする判断を示した。医療の産業化とそのための海外資本誘致の構想に狂いが生じる見通しだ。21日付毎日経済新聞が伝えた。 中国不動産大手の緑地控股集団(…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、3日連続で400人台(11:29)

セルトリオン、武田薬品から18品目買収完了(18:06)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:韓国でついに運転免許を…(12/01)

LGが系列5社分離で新会社 来年5月、経営権の継承完了へ(12/01)

コロナ感染者、2日連続で400人台(12/01)

マヒンドラ傘下の双竜、出資協議が難航(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン