• 印刷する

三菱ふそう、輸出向けバスの本格生産を開始

三菱ふそうトラック・バスは21日、協業するドイツ系商用車大手ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)がインド南部タミルナド州チェンナイ近郊に持つオラガダム工場で、輸出仕様バス「BA」の生産を本格的に開始したと発表した。アラブ首長国連邦(UAE)向けに既に100台の生産が完了している。

BAは、ふそうブランドで初めての輸出仕様バス。ダイムラーグループ傘下の三菱ふそうとDICV、ドイツのエボバスが共同で開発に関わった。三菱ふそうとエボバスが販売戦略、DICVが設計・製造を担い商品化した。

通勤・通学の移動手段として自動車やバスの利用が一般的なUAEでは、従業員の送迎などで定員35人程度の大型バスへの需要が高い。BAの定員は37人(運転手1人含む)で、DICVのインド国内向け商用車ブランド「バーラトベンツ」の大型バスをベースに設計。既存モデルを活用することで顧客の需要への迅速な対応を実現した。

UAEで以前から販売している小型バス「ローザ」は定員26人で、バーラトベンツは進出していない。現地ではふそうブランドの評価が高いことから、バーラトベンツではなくふそうブランドで大型バスを投入し、既存の販売店網を活用して存在感をさらに高める狙いだ。

BAは2019年9月までに試験生産、同12月から試験販売をそれぞれ開始し、今年の夏に本格的な生産と販売に踏み切った。生産台数は、23年末までに累計800台を超える見通し。三菱ふそうの広報担当者によると、今後は中東・北アフリカ地域を含むUAE以外の市場での展開も検討していく。

三菱ふそうにとってUAEは中東・北アフリカ地域における最大市場。19年の市場シェアは53%を誇る。オラガダム工場からはBAのほか、中型トラック「FA」「FI」、大型トラック「FJ」「FZ」を輸出している。

三菱ふそうトラック・バスには、ドイツのダイムラートラックが89.29%、三菱グループが10.71%を出資する。DICVはドイツのダイムラーが100%出資するインドの完全子会社。DICVは13年からオラガダム工場でふそうブランドの中・大型トラックを生産し、三菱ふそうはこれらのモデルを海外市場に展開している。

ふそうブランド初の輸出仕様バス「BA」(三菱ふそうトラック・バス提供)

ふそうブランド初の輸出仕様バス「BA」(三菱ふそうトラック・バス提供)


関連国・地域: インド日本中東欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:主に東南アジアなどで栽…(10/21)

不良債権比率2桁に上昇へ 中銀対策で抑制も、貸渋り懸念(10/21)

鴻海、ブラジルとインドで新iPhone生産か(10/21)

ホンダ二輪、初の中型バイク「CB350」出荷(10/21)

地場2社、西部にテレビ・エアコン工場(10/21)

インド初の高速鉄道、グ州はL&Tが建設へ(10/21)

ADB、西部州の主要道整備に1.7億ドル融資(10/21)

国内初の複合物流基地、アッサム州で開発(10/21)

西ベンガルの倉庫面積拡大、米社が予測(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン