金融機関の配当金引き下げ、当局が要請

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は7日、シンガポールに登記する金融各社に対し、2020年度の株主配当金を、最大で前年度の6割の水準にとどめるよう通達した。経済の先行きが不透明となる中、企業や個人の信用ニーズを支援する金融機関の資金力を確保するのが狙…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー資金は少ない=シンガ金融庁(13:13)

テイクオフ:観光名所のひとつである…(02/25)

観光業、21年は緩やかに回復 政府後押し、国際会議にも期待(02/25)

三菱ケミ、アクリル樹脂原料の本社機能集約(02/25)

ダイキアクシス、海外統括会社を増資(02/25)

川崎汽船、LNG燃料供給船の船舶管理開始(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

ECショッピー、メキシコに進出(02/25)

華為技術、アプリ開発支援拠点を開設(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン