現代自の次世代EV電池、SKイノが量産へ

韓国の石油化学大手SKイノベーションが、現代・起亜自動車の次世代電気自動車(EV)向けバッテリーを今年の10~12月期から本格的に量産するもようだ。7月30日付韓国経済新聞が伝えた。 SKイノベーションが量産を開始するバッテリーは、現代・起亜自が2021年初旬から採用す…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、34人増の1万4423人(14:09)

サムスン、米大手2社から半導体チップ受注(17:01)

韓国EV電池3社、上半期シェア35%に(17:15)

韓国GMの正規職化、費用は最大3億ドル(17:13)

韓国造船海洋、今年初のLNG運搬船受注(16:37)

テイクオフ:「お前のこと知っている…(08/04)

徴用工の資産現金化は困難 厳しい交渉今後も、識者に聞く(08/04)

新型コロナ感染者、23人増の1万4389人(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン