現代自の次世代EV電池、SKイノが量産へ

韓国の石油化学大手SKイノベーションが、現代・起亜自動車の次世代電気自動車(EV)向けバッテリーを今年の10~12月期から本格的に量産するもようだ。7月30日付韓国経済新聞が伝えた。 SKイノベーションが量産を開始するバッテリーは、現代・起亜自が2021年初旬から採用す…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国随一の予備校街とし…(11/26)

JNCがSKと有機EL合弁 事業特化、日韓の強み生かす(11/26)

コロナ感染者382人、2日連続で300人超(11/26)

プノンペン商銀の社債、流通市場で取引(11/26)

11月の企業景況感78、製造業が改善(11/26)

韓国GMの賃金交渉、38万円支給などで妥結(11/26)

サムスン電子、天津のスマホ研究拠点を閉鎖(11/26)

サムスンのTVシェア、過去最高の33%に(11/26)

RCEP、インドネシアの関税撤廃率は91%(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン