外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可

マレーシアのヌグリスンビラン州は1日、外国企業による工業用地の所有権を認めることを決定した。取引額200万リンギ(約5,000万円)以上の土地が対象となる。外国企業に自由土地保有権(フリーホールド)を開放することで、同州への投資誘致を目指す。国営ベルナマ通信が伝えた。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアでは最近、住…(06/24)

ワクチンで早期の登校再開へ 学校で集団接種、受験生対象に(06/24)

新規感染5244人、累計71.1万人(06/24)

メイバンク、中銀デジタル通貨バコンと提携(06/24)

サンウエー、ヘルスケア事業の一部株式売却(06/24)

RM1=26.6円、$1=RM4.17(23日)(06/24)

小売業界、早期の営業再開容認を要請(06/24)

コロナ対策でEUと協力、医療体制整備など(06/24)

セラミックのホワイトホース、越から撤退(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン