不動産ラリン、EEC向け住宅開発を凍結

タイの中堅不動産デベロッパー、ラリン・プロパティーは、東部3県(チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨーン)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」での住宅開発プロジェクトを3~6カ月凍結する方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染症の影響を見極める。12日付…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクでは、自転車に…(07/09)

日本食材、タイ輸出が15%減 コロナ禍で飲食店需要など縮小(07/09)

東京センチュリー、車サブスクで新サービス(07/09)

MGがEVカーシェア、7月中旬にも開始(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

カーケアのボッシュ、4年めどに40店体制へ(07/09)

トラベルバブルに遅れ、日中韓の感染者増で(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン