インダ島の発電所、韓国電力公社に25%売却

農園・不動産事業を展開するマレーシアのタドマックス・リソーシズは21日、スランゴール州インダ島にガス火力発電所(設備容量1,200メガワット)の建設を計画する完全子会社プラウ・インダ・パワー・プラント(PIPP)の株式25%を韓国電力公社(KEPCO)に譲渡すると発表し…

関連国・地域: 韓国マレーシア日本
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フィンテックのフェイブ、印企業に身売り(18:23)

伊ゼネラリ、仏アクサと事業の買収交渉(17:03)

テイクオフ:アプリによる料理宅配サ…(04/14)

MRT3号線、8月にも入札 総延長50キロに30駅を設置へ(04/14)

プロドゥア、SUV「アルス」を隣国に輸出(04/14)

RM1=26.4円、$1=4.14RM(13日)(04/14)

半導体不足、数カ月で正常化=サイム自動車(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン