SKが在宅勤務終了、時差出勤に切り替え

韓国の大手財閥SKグループが、新型コロナウイルス感染症の防止策として導入していた在宅勤務制をフレックスタイム(時差出勤)制に切り替え始めた。 まずは、最高意思決定機関であるスペックス追求協議会と持ち株会社SKの社員が、4月1日から時差出勤を始めた。スペックス追…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、38人増の1万1541人(06/03)

テイクオフ:教室で子どもたちが絵を…(06/02)

コロナ禍で輸出24%減 自動車が大幅減、長期化を懸念(06/02)

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(06/02)

マスク販売の5部制廃止、いつでも購入可能(06/02)

遊興施設にQRコード、10日から正式開始(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン