外国人の介護士合格増、3カ国で337人

【共同】厚生労働省は25日、2019年度の介護福祉士国家試験で、経済連携協定(EPA)に基づき来日したインドネシア、フィリピン、ベトナムの337人が合格したと発表した。18年度の266人から71人増え、過去最多を更新した。合格率は44.5%だった。 EPAで来日した場合、日本語研…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン