• 印刷する

テイクオフ:当地でも新型コロナウイ…

当地でも新型コロナウイルスの感染対策が強化され、日常生活が一変した。店は全面的に閉まり、表通りをクラクションを鳴らして走っていた車の姿はパタリと消えた。「歴史上の出来事」と思っていた外出禁止令を先日ついに体験し、本当に非常事態なのだと実感。昼夜を問わず重大発表があり、なんだか気が休まらない。

こんな時、仲良しのインド人が言っていた「ヒンズー教ではシバ神が一番人気」という言葉を思い出す。ヒンズー教には数多の神様がいるが、中でも破壊を司るシバ神の人気が最も高いらしい。その理由は「だって、壊さないと新しいものが生まれないでしょ?」

初めて聞いた時は何ともインドらしいと笑ってしまったこの言葉。それにしても破壊しすぎでは……と思うが、今はむしろ、結構な希望と期待を込めて「そうなってほしいね」と返したい。(円)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

海外でマスク生産検討、シャープ(04/02)

電源設備デルタ、インドと越に子会社設立(04/02)

テイクオフ:ニューデリーの一角で先…(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

トヨタが販売店支援、金利肩代わりなど実施(04/01)

二輪ヒーロー、取引先への支払いを一部停止(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン