現代自、シンガポールでEV生産か=韓国紙

17日付電子新聞は、韓国の現代自動車が、4,000億ウォン(約340億円)を投じてシンガポールにバッテリー電気自動車(BEV)工場を設立すると伝えた。2021年末までの生産開始が目標。当初は5月に着工する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で日程を再調整している…

関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(16:11)

現代自とハンファ、EV電池の再利用で協力(20:37)

ロッテケミカル、「脱・石油化学」を推進(18:03)

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(20:24)

テイクオフ:2019年9月、スクー…(06/01)

物流センターで集団感染 防疫対策おざなり、遠のく収束(06/01)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(06/01)

5月企業景況感は53、コロナで不振続く(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン