親中経済に変調 原料ストップ、生産に支障

【プノンペン共同】中国との良好な関係をてこに成長が続いてきたカンボジア経済が変調を来しつつある。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国からの原料輸入が滞り生産現場に支障が出始めたほか、中国企業による開発に沸いた南部シアヌークビルではバブルがはじけ地価が下落。フ…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 医療・医薬品繊維建設・不動産IT・通信観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

固定資産税の納付期限、9月末に設定(06/05)

1~2月のFDI認可額、52%減少(06/05)

倉庫需要が年初から減退、コロナの影響で(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

タクマオの上水整備、JICAが34億円支援(06/04)

コロナで縫製256工場が閉鎖、13万人に影響(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン