航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行による旅客減少を理由として、マレーシア国内の航空各社が新型肺炎が流行している地域を結ぶ路線の運航計画を見直している。20日付スターが伝えた。 マレーシア航空(MAB)は、過去3週間に中国線を中心に乗客が減少したこ…

関連国・地域: 中国マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸


その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令の強化、国民の96%が支持(15:05)

活動制限令、さらに2週間の段階的解除必要(13:56)

日本人商工会、新事務局長に田中氏(12:50)

テイクオフ:数学の難問「ABC予想…(04/06)

20年成長率はマイナス2%も けん引役の民間消費も失速、中銀(04/06)

FDI純流入額の減少は成長のリスク=中銀(04/06)

感染者114人に、医療品の在庫十分(04/06)

2月輸出は12%増、3月以降は低迷確実か(04/06)

感染3662人に、回復者は1千人突破(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン