• 印刷する

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ

ミャンマー最大都市ヤンゴンを管轄するヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、市内47カ所で大気汚染の観測を始める。ヤンゴンの大気汚染度は民間機関などが独自に発表しているが、より正確な数値を把握して公表する。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーなどが20日までに伝えた。

YCDCのフライン・マウ・ウー事務局長が明らかにした。観測は、資源・環境保護省と連携して行うという。

ヤンゴンの大気汚染については、運輸・通信省傘下の気象・水文局も、今月11日から毎日、観測結果を発表している。

YCDC環境保護・清掃局のチョー・トゥン・アウン局長によると、大気汚染は測定器や時刻によって値が異なり、複数の地点で、少なくとも24時間、測定する必要がある。ヤンゴンでは、市民団体や米大使館などが独自に測定しているが、観測時間が自動車の排気ガスなどが多い日中に限られるため、数値が高めに出る傾向がある。政府機関である気象・水文局の公表する数値の方がより信用できるという。

同局長は、YCDCが実施する観測について、大気汚染の原因分析と解決方法の究明、汚染度の測定能力の向上を3大目標に挙げた。

大気汚染度は、大気中の一酸化炭素や二酸化窒素、二酸化硫黄などの汚染物質濃度から算出する空気質指数(AQI)で表す。AQIの度合いは「緑(0~50、良い)」から「栗色(301~500、危険)」まで、6段階ある。

気象・水文局が公表する数値では、ヤンゴンの汚染度は、「黄(50~100、並)」レベルが続いている。一方、民間の調査では、「赤(151~200、健康に良くない)」と出る日もある。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナが企業統治の改善契機 IT化や情報公開が進展=英団体(01/18)

新たな感染491人、減少傾向続く=16日夜(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/18)

商業用不動産の市況が悪化、店内飲食禁止で(01/18)

農業省がダムの増設を検討、雨量減少で(01/18)

水産品輸出額8%減、単価下落で(01/18)

過激派僧侶の支持者、刑務所前で抗議(01/18)

AAのテロ団体解除要請へ、ラカイン州議会(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン