中国企が不可抗力宣言、豪の資源業界に打撃

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)拡大の影響で、中国企業が契約履行義務を免責する不可抗力条項(フォースマジュール)の適用に踏み切り始めている。市場からはオーストラリアの資源業界への影響を懸念する声が上がっている。液化天然ガス(LNG)や石炭、鉄鉱石な…

関連国・地域: 中国オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(04/06)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

豪トヨタ、地場車関連ソフトウエア企を買収(04/06)

全日空、13日から羽田―シドニーを減便(04/06)

トラック輸送に大きな負担、食品需要急増で(04/06)

豪の化粧品販売が大幅減、在宅勤務増で(04/06)

豪2月小売売上高好調も、今後減少傾向か(04/06)

オーストラリア、ベトナム製鋼管にAD調査(04/06)

豪政府、商業不動産のテナント救済策を検討(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン