新首都のスマート都市化、社会的側面配慮を

インドネシア政府はカリマンタン島東部に建設する新首都を、先端技術を活用した「スマートシティー」とする方針を掲げている。これに対して国会の議論では議員から、物理的な開発だけではなく社会的側面にも配慮するべきだとの意見が出された。6日付ジャカルタ・ポストなどが伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/03)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン