新首都のスマート都市化、社会的側面配慮を

インドネシア政府はカリマンタン島東部に建設する新首都を、先端技術を活用した「スマートシティー」とする方針を掲げている。これに対して国会の議論では議員から、物理的な開発だけではなく社会的側面にも配慮するべきだとの意見が出された。6日付ジャカルタ・ポストなどが伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(22:24)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(21:15)

国営電力、企業向け最低料金制を年内撤廃(21:15)

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(21:15)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン