迫害即時停止を、ICJ仮処分で人権弁務官

【ジュネーブ共同】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は24日、ミャンマー国軍によるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害停止措置を取るよう求める仮処分命令を国際司法裁判所(ICJ)が出したことを歓迎し、「ミャンマー政府が直ちに、無条件に、完全に措置を履行するよう…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

肺炎拡大でスイカ輸出停滞、損失5千万ドル(02/27)

韓国人感染者と接触した22人、自宅隔離指示(02/27)

改憲審議で国軍議員が激しく抗議、議場混乱(02/27)

電力供給量を拡大、年央まで1千MW追加(02/27)

ICJで弁論の英大教授、3月5日に講演(02/27)

SIMカード、6月までの再登録を徹底へ(02/27)

政府債務が政権発足時の約3倍、議員が批判(02/27)

マンダレー水掛け祭り、舞台設置区域を限定(02/27)

【探訪】バガン(5)世界遺産バガンの管理体制(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン