先端技術が標的、中国のハッカー集団暗躍

【共同】大手電機メーカーの三菱電機から取引先の政府機関や企業の情報が流出した可能性があるサイバー攻撃が表面化した。日本が持つ防衛機密や先端技術の窃取を狙い、10年以上前から中国に関連するハッカー集団が暗躍。攻撃は年々巧妙化しており、官民を挙げた対策が急務になって…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(17:05)

新型肺炎、感染者2人増え34人に(17:56)

電気通信工事ミライト、地場企業を買収(18:42)

山田コンサル、地場同業と業務提携(18:39)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

抗菌消臭剤の販売開始へ 高橋練染、ヒジャブ女性などに(02/28)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

トラック市場、質重視の傾向 販売は半減も日系のシェア急拡大(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン