• 印刷する

中国重機の柳工が子会社、アジアの営業強化

中国の重機メーカー、広西柳工機械(柳工)はこのほど、インドネシアに子会社の柳工マシナリー・インドネシアを設立すると発表した。アジア大洋州地域の顧客管理やスペアパーツの供給、マーケティングなどを強化する。

柳工は2003年からインドネシアの地場ディーラーを通じて製品を販売している。子会社の設立によって、将来は研究開発(R&D)や製造の現地化も進める。

同社の海外拠点はこれで南アフリカ、ブラジル、インド、シンガポール、英国などに続いて13カ国・地域目。世界で300社以上のディーラーと提携している。

投資調整庁(BKPM)投資協力局のウィスヌ・ウィジャヤ・スディンジョ副局長は「(中国の)一帯一路(巨大経済圏構想)の発展によって、柳工のようにインドネシアに進出する企業が増えると期待している」と述べた。

柳工は、インドネシア子会社を設立すると発表した(同社ホームページより)

柳工は、インドネシア子会社を設立すると発表した(同社ホームページより)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標(18:15)

19年生保の最終損益、赤字が4倍に拡大(18:15)

資源ブミ、石炭ガス化事業に20億米ドル計画(18:15)

二輪車の電子取り締まり、2月から試験運用(18:15)

国営スズ、バンカブリトゥン州に製錬所建設(18:15)

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年はエクスパンダーが首位 生産台数、トヨタのアバンザ抜く(01/23)

<資料>2019年の車種別生産台数(01/23)

ホンダ二輪、19年の完成車輸出は66%増(01/23)

ガルーダ航空が取締役刷新、現政権で4回目(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン