• 印刷する

テイクオフ:北部パンジャブ・ハリヤ…

北部パンジャブ・ハリヤナ両州の州都チャンディガルは、建築家のル・コルビュジエが設計した街として有名だ。行政機関の作品群「キャピトル・コンプレックス」は、世界遺産にも登録されている。

コルビュジエはインドの日時計「ジャンタル・マンタル」から学びを得て、作品群のうちの高等裁判所などを、内部に直射日光が入らない構造にした。12月でも日差しの下では暑いと感じる、現地の気候に合わせた設計。風通りはすこぶる良く、冬場は日の光が間接的に内部に差し込むようになっている。

ところでチャンディガルはそもそも、印パの分離独立でパンジャブの旧州都ラホールがパキスタン領となったため、ラホールに代わる州都として建てられた街。コルビュジエは作品群の一つである鉄でできた大きな風見鶏、「オープン・ハンド」に、世界平和への願いを込めたそうである。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で食農環境を改善 日印協業、農水省がセミナー(01/24)

食品加工業省、カシミールの投資を促進(01/24)

タタ傘下JLR、英国工場で500人削減(01/24)

印企業の海外での単独上場認可へ=情報筋(01/24)

デリーに健康複合施設の計画、200億ルピーで(01/24)

ガス公社、5年間で4500億ルピー投資(01/24)

アダニ、都市ガス整備に10年で900億ルピー(01/24)

テマセクなど2社、再エネ特化の新会社設立(01/24)

スターライト、送電最適化で米社と独占契約(01/24)

インド大使、カラダン輸送路の重要性を強調(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン