• 印刷する

競争委、韓国造船会社2社の合併に疑義

シンガポール競争消費者委員会(CCCS)は、韓国造船大手の韓国造船海洋と大宇造船海洋が合併する計画について、競争上の問題があるとして、本格的な調査を開始する。

韓国造船海洋は2019年6月に現代重工業グループの造船海洋事業の統括を目的として新設された企業。同社は大宇造船海洋を買収し、両社の事業を統合する計画だ。

韓国造船海洋と大宇造船海洋がシンガポールで事業を展開しているため、合併にはCCCSの承認が必要となる。CCCSは9月に合併認可の申請を受け、ライバル企業などの意見も聞きながら初期調査を実施していた。

調査の結果、両社がLNG(液化天然ガス)タンカーの2大企業であるほか、大型コンテナ船、大型石油タンカーでも大きなシェアを握っていることから健全な競争が阻害され、他社による新規参入の障害になるといった問題が浮上する恐れがあると判断。初期審査での承認を見送った。

CCCSは本格的な調査を実施した上で、合併の可否を最終判断する。韓国造船海洋は承認を取り付けるため、競争上の是正策の提案を迫られそうだ。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染83人、市中感染はゼロ(14日)(08/14)

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

独商工会、プラスチックのリサイクル促進(08/14)

シンガポール航空、乗務員に早期退職制度(08/14)

サービスアパートで在宅勤務、アスコット提供(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン