• 印刷する

テイクオフ:なかなか終わらない引っ…

なかなか終わらない引っ越しの荷ほどき。いまだに段ボール箱が部屋を埋める。幸い近所にはハイパーマートが入る商業施設があり、5分も歩けば棚や整理箱を調達できる。その考えが甘かった。

売られている比較的小さいボックス棚でも重さが10キロ近くある。しかし荷物を全て整理するには一つでは到底足りない。このワンメーター以下の距離を、ボックス棚を四つも五つも載せて運んでくれる奇特なタクシーはいないだろう。バイクタクシーにお願いしてもいいが、すると自分はどこに乗ればよいのかとなる。

取りあえずボックス棚二つを両脇に抱えて家まで往復する。体力的に、このペースで3往復もすれば必要な棚がそろうという年齢ではもはやない。1往復で息が上がり、この距離をMRT(都市高速鉄道)やLRT(軽量軌道交通)が走ってくれれば、とない物ねだりをする。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国からの投資にはリスクあり、KPK警告(14:57)

首都警察、二輪車用の監視カメラを来年導入(14:03)

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン