スワイヤ、デモ影響で通期営業益悪化を予想

香港上場の英系コングロマリット(複合企業)、スワイヤ・パシフィック(太古股フン)は7日、2019年12月期本決算で投資不動産の評価益などを除いた基本営業利益が前年実績の74億8,000万HKドル(約1,050億円)を割り込むとの見通しを発表した。香港で5カ月にわたって続く抗議活動…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

金融管理局、22億HKドルの香港ドル売り介入(18:28)

テイクオフ:香港の老舗化粧品ブラン…(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

第3波か、域内感染相次ぐ 新たに9人、臨時休校も(07/08)

香港、国安法委が実施細則決定(07/08)

米アップル、国安法の影響「評価中」(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

反落、本土証券銘柄に売り=香港株式(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン