施政報告、経済団体から注文相次ぐ

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が16日発表した施政報告(施政方針演説)に対し、経済団体からはおおむね歓迎する声が上がった一方で注文も相次いだ。「逃亡犯条例」改正案を発端に長期化する社会混乱に対応するとともに、低迷する景気への対策を要望した。新たな施…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:11日朝、普段より少し…(11/12)

在留邦人の居住地域で発砲 男性が重体、警察への反発強まる(11/12)

域内で抗議活動激化、12日も交通妨害か(11/12)

日本人にも暴行と香港紙、中国人に間違われ(11/12)

香港警察の発砲支持、中国紙=軍介入も示唆(11/12)

台湾総統、香港発砲を批判(11/12)

香港混乱、投資家心理に影響せず=財政長官(11/12)

続落、社会混乱激化で節目割れ=香港株式(11/12)

香港からの国際送金、過去半年で増加=英社(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン