• 印刷する

ソウルどこでも無料WiFi、22年に実現へ

ソウル市は8日、2022年に市全域で無料WiFiを利用できるようにする計画を明らかにした。

無料WiFiを利用できるエリアは現在31%にとどまる。ソウル市は3年間で1,027億ウォン(約92億円)を投じ、光ケーブルの敷設を進めて総延長4,237キロのネットワークを構築する。アクセスポイントも2万3,750カ所に増やして通信速度の向上を図る。さらに、モノのインターネット(IoT)ネットワークも市全域に広げ、駐車車両や街灯の管理、安全対策などに役立てたい考え。

ソウル市はWiFiサービスの拡充で、1人当たり月5万2,000ウォンの通信費の節約効果が見込めると期待する。また、ソウルを訪れる外国人観光客がスマートフォンで手軽に旅行情報を入手できるようになる見通しだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

セルトリオンの新関節リウマチ薬が初処方(14:26)

就職サイトのサラミン、越同業を買収(13:59)

韓国日産で希望退職者募集、販売急減受け(13:48)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:米アカデミー賞4冠の「…(02/18)

韓国車、中国依存の課題露呈 サプライチェーンの見直しは困難(02/18)

新型肺炎30人目、感染経路は不明(02/18)

韓国GMが生産停止、富平第1工場(02/18)

現代自、光陽―釜山で燃料電池トラック事業(02/18)

新型肺炎が経営に悪影響、企業の6割(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン