• 印刷する

テイクオフ:自動車レース「F1シン…

自動車レース「F1シンガポール・グランプリ(GP)」が今年も無事終了した。ヘイズ(煙害)の発生で客足への影響が懸念される中、来場者数は延べ26万8,000人と過去2番目の多さを記録した。チケットを購入せずにコース周辺のホテルの客室からレースを眺める人もおり、開催日はどこも満室に近かったとか。

シンガポールGPでは中心部の一般道を期間中だけ封鎖し、レースコースに作り替える。1カ月ほど前から道路脇にフェンスや照明が立ち、数週間ほど前には客席の整備が始まる。数日前には道路を封鎖し、本格的なコースの出来上がりだ。民間の事業とはいえ、国を挙げて取り組む姿勢があってこその迅速な工事だと毎年感心してしまう。

レース自体にそこまで興味はないのだが、F1の実施に至るまでのさまざまな準備の工程、人々の働きぶりへの興味は尽きず、つい観察を続けてしまう。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南洋大ら3者、IoT向け次世代メモリー開発へ(18:30)

ファッションテック企業、米市場に1億米ドル(18:30)

通信最大手の電子決済連合、OCBC銀が参加(18:30)

商業施設が来客アップへ変革、ECに対抗(18:31)

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

企業数、2年で2倍超に拡大 HRテックビジネス活況(上)(10/22)

空中タクシーの発着場、独社が世界初公開(10/22)

東南アジアのネット購入額、25年に3倍超(10/22)

富士通、2者と最適化・深層学習で共同研究(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン