「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難

【ニューヨーク共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害に関し国連人権理事会が設置した国際調査団は22日、ロヒンギャが多く暮らす西部ラカイン州で女性に対するミャンマー国軍の殺りくや性暴力が多発しており、国軍が「ロヒンギャを滅ぼす大量虐殺の意図」を持って…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

家庭用電気料金、5月末まで一部無料化継続(05/27)

帰国者の感染2人増、累計203人=26日午前(05/27)

中銀、銀行支店に警報システム設置を指示(05/27)

ヤンゴン新都市開発、年内始動を視野(05/27)

電子納税を拡大、AYA銀でも可能に(05/27)

10月~5月上旬のコメ輸出量、180万トン超(05/27)

マンダレー首相侮辱のFBユーザー告訴(05/27)

路上生活の子ども調査へ、コロナ禍で政府(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン