• 印刷する

テイクオフ:シンガポール南端にある…

シンガポール南端にあるセントーサ島は、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)」などがある国内有数のリゾート地だ。政府はこの観光スポットをさらに「パワーアップ」させようとしている。

リー・シェンロン首相は先ごろ行った施政方針演説で、セントーサ島に隣接するブラニ島を新たなリゾート地として再開発する計画を明らかにした。コンテナ港として使われているブラニ島を、セントーサ島と相互補完させる形で一大観光地にするという。リー首相は「セントーサのUSSのように新アトラクションを建設したい」と意気込みを語った。東部のリゾート施設ダウンタウン・イーストに倣って、名称をダウンタウン・サウスとする案も出ている。

ブラニ島のコンテナ港は2027年までに西部に移転し、再開発はそれ以降になる見通しだ。コンテナターミナルがどう姿を変えるか今から楽しみだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7~12月期の工業用地入札、6区画実施(16:43)

新規感染611人、計3万3860人(29日)(16:41)

4月個人向け融資3%減、過去最大の下落幅(13:56)

活動制限解除の第2期、6月末より前倒しも(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

外国人単純労働者の削減、経済団体が反対(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

通信シングテル、通期決算は65%減益(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン