車主要7社開発費3兆円超、負担軽減へ連携加速

【共同】国内の自動車メーカー主要7社が計画する2020年3月期の研究開発費が計3兆円を超え、過去最高となっていることが17日分かった。電動化や自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代技術への対応を迫られているためだ。異業種の参入で開発競争は熱を帯びており、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

三菱商事子会社、原油不正取引で約345億円損失(09/20)

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(11:16)

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

楽天、台湾野球ラミゴを買収 初の外資運営、ブランド向上狙う(09/20)

繊維輸出、今年度も拡大続く 好調も人権問題が依然重し(09/20)

テイクオフ:長かった中華圏暮らしを…(09/20)

下降局面の二輪車販売 回復は来年度から=ICRA(09/20)

重機大手、デジタル化を加速 アフターサービス強化で競合対抗(09/20)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】自動運転の未来都市、実現なるか(09/20)

いすゞ、新型エンジン搭載のピックアップ投入(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン