車主要7社開発費3兆円超、負担軽減へ連携加速

【共同】国内の自動車メーカー主要7社が計画する2020年3月期の研究開発費が計3兆円を超え、過去最高となっていることが17日分かった。電動化や自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代技術への対応を迫られているためだ。異業種の参入で開発競争は熱を帯びており、…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

マルハン銀、全面デジタル化の新店舗を開業(07/09)

日本食材、タイ輸出が15%減 コロナ禍で飲食店需要など縮小(07/09)

伊藤忠がファミマにTOB、JAも出資(07/09)

日本ペイントがPPEに参入 コロナで商機、第2弾発売も計画(07/09)

東京センチュリー、車サブスクで新サービス(07/09)

イオンが539億円の赤字、3~5月期(07/09)

トヨタ現法、モビリティ部門設置(07/09)

トランスコスモスが第2拠点(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン