18年の出生数低下、8年ぶり低水準に

シンガポール移民局(ICA)が発表した2018年の人口動態統計で、同年のシンガポールの出生数は3万9,039人となり、前年から1.5%減少したことが明らかになった。出生数は8年ぶりの低水準。少子高齢化が進んでおり、対策強化が急務となっている。 同年の死者数は2万1,282人で、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

2国間高速鉄道の協議再開、建設業界に朗報(16:52)

三井住友DSアセット、現法2社を合併(17:45)

新規感染544人、計3万5836人(2日)(16:55)

大手銀行、コロナ後も在宅勤務「標準」に(16:34)

シンガポール航空、大阪便を6月に再開(16:17)

在宅勤務で生じた経費、税控除の対象に(15:42)

陸運大手、タクシーで医薬品配達サービス(15:37)

テイクオフ:新型コロナウイルスの影…(06/02)

原油価格、半年は低調推移 経済は2Qが底、MUFG予想(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン