振曜子会社、花蓮バス停15カ所で電子標識

電子書籍端末の受託製造などを手掛ける台湾の振曜科技(ネトロニクス)の電子ペーパー子会社、西伯は、通信最大手の中華電信と共同開発した公共バス停留所向け電子標識を、西部・花蓮県の停留所15カ所で導入した。ネトロニクスは、グループで公共交通のスマート化を進める方針だ。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(19:53)

新型コロナの感染者、322人に(17:10)

テイクオフ:台北市の歓楽街、林森北…(03/31)

【肖像】細胞自動培養で肺炎治療に光 博訊生物科技の秘心吾博士(03/31)

TSMC、3ナノの試験生産を延期へ(03/31)

PC2社、印で製品値上げか=需給逼迫で(03/31)

ゴゴロのシェアサービス、台南に進出(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン