振曜子会社、花蓮バス停15カ所で電子標識

電子書籍端末の受託製造などを手掛ける台湾の振曜科技(ネトロニクス)の電子ペーパー子会社、西伯は、通信最大手の中華電信と共同開発した公共バス停留所向け電子標識を、西部・花蓮県の停留所15カ所で導入した。ネトロニクスは、グループで公共交通のスマート化を進める方針だ。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人が4人も座れば満員の…(08/22)

健康増進型保険が好調 上期の契約収入10倍超に(08/22)

中興工程、タイにスマートシティーモデル区(08/22)

中華電信など大手、華為スマホの販売再開(08/22)

秋田県が食品商談会、約100人が来場(08/22)

漢翔航空、台湾にF16Vのメンテナンス施設(08/22)

7月の訪日台湾人、スト影響で2カ月ぶり減(08/22)

21日指数は続伸、パネル2社株が活況(08/22)

台湾資本の対中投資額、1~7月は56%減(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン