経営者の3割が従業員を降格、米社調査

シンガポールの経営者・管理職の3割が従業員を降格させた経験があることが、米人材紹介大手ロバート・ハーフの調べで分かった。職務遂行能力を理由に挙げた人が多かった。 調査はシンガポールの経営者・管理職225人を対象に1月に実施した。 これによると、従業員を降格させた理…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:そんな常識があるなんて…(11/19)

スマホでVAT還付サービス 新興UTU開始、全額払い戻しも(11/19)

配車グラブ独占に懸念続く 競争委、新たな改善案を承認(11/19)

10月輸出は12%減、8カ月連続マイナス成長(11/19)

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参入(11/19)

ECショッピーの受注件数、3Qは倍増(11/19)

中小企業の経営環境、世界5位に(11/19)

東南アジア企業の41%、1年以内に買収検討(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ジャパンタクシーがグラブと提携、日本で配車(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン