• 印刷する

5月の訪日香港人0.8%減、再びマイナスに

日本政府観光局(JNTO)が19日に発表した5月の訪日香港人は、前年同月比0.8%減の18万9,000人(推計値、以下同じ)だった。前月のプラスから、わずかながらも再びマイナスに転じた。

増便などにより航空座席供給量は増加したものの、日本国内の観光地混雑などゴールデンウイークによる影響や、安価に楽しめる旅行先として台湾やタイなどが好評だったこともあり、前年同月割れとなった。

1~5月の合計は前年同期比1.8%減の88万8,800人だった。訪日人数ベースでは、中国、韓国、台湾に次いで4番目の多さ。

5月の全体の訪日外国人は3.7%増の277万3,100人で、5月として過去最高を記録した。東アジア市場を中心に訪日旅行商品が高騰するなどしたが、新規就航や増便による航空座席供給量の増加、訪日旅行プロモーションの効果で、プラス成長となった。特に欧米・オーストラリア市場では全てが前年同月を上回った。1~5月は4.2%増の1,375万3,600人だった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中華圏「安全都市」、香港は13位に転落(07/19)

社会不安が労働者に影響 建設など110万人に、工聯会(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

スタンチャート、経済成長予測を下方修正(07/19)

4~6月の失業率、15期横ばいの2.8%(07/19)

一部統計でマイナスも、政府は業界と協議へ(07/19)

抗議デモ、小売店への影響拡大=売上半減も(07/19)

高級賃貸オフィス、6月成約面積は6割減(07/19)

金鐘の企業が共有オフィス検討、デモ対策で(07/19)

極小住宅で損失か、本土デベロッパー(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン