• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは、フラ…

シンガポールでは、フラットな靴やスニーカーなど歩きやすい履物で通勤する人がほとんどだ。中には、ビーチサンダルでさっそうとオフィスに向かう女性の姿も。蒸し暑い気候の東南アジア、足元だけでも開放感を求めているのかもしれない。

最近日本で注目を集めている、女性のハイヒール反対運動「#KuToo」。当地の地元紙も報じていた。「靴」と「苦痛」を掛け合わせた造語で、職場で高いヒールを強制されて健康被害を受けた女性が始めた運動だという。

シンガポール人の友人にこの話をすると、「日本は地震や津波が多いはず。そんな靴では緊急時に逃げられないのでは」と言われ、思わず「確かに」とうなずいてしまった。すぐにではなくとも、同運動で日本社会も少しずつ変容する可能性がある。近い将来、新橋の街をビーチサンダルで通勤する日が来るかもしれない。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:そんな常識があるなんて…(11/19)

スマホでVAT還付サービス 新興UTU開始、全額払い戻しも(11/19)

配車グラブ独占に懸念続く 競争委、新たな改善案を承認(11/19)

10月輸出は12%減、8カ月連続マイナス成長(11/19)

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参入(11/19)

ECショッピーの受注件数、3Qは倍増(11/19)

中小企業の経営環境、世界5位に(11/19)

東南アジア企業の41%、1年以内に買収検討(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ジャパンタクシーがグラブと提携、日本で配車(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン