• 印刷する

投資環境改善へ業務標準化、6関連機関で

ミャンマー投資・対外経済関係省のアウン・ナイン・ウー長官は、投資環境の改善を目的とする標準業務手順書(SOP)の導入に関して、6つの関連機関と連携していく方針を明らかにした。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が伝えた。

連携するのは、内務省一般行政局(GAD)、農業・畜産・かんがい省土地管理・統計局、資源・環境保護省環境保護局、保健・スポーツ省食品医薬品局(FDA)、計画・財務省国内歳入局(IRD)、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)。土地管理についてはGAD、土地登記については土地管理・統計局、環境影響評価(EIA)や社会影響評価(SIA)については環境保護局、建設許可についてはYCDCと連携するという。

SOPは現在、ミャンマー投資委員会から投資認可を受けた国内外の企業が、関係省庁から必要な書類や認可を円滑に取得できるようにするため、策定が進められている。

同長官は「投資手続きの簡素化に向け、必要以上に多い現在の手順を整理し、不必要な書類作成やコストを削減する」と説明した。将来的には手続きをオンライン化する計画という。

ミャンマー投資委員会(MIC)による、2018年度(18年10月~19年9月)4月までの外国直接投資(FDI)認可額は、24億1,329万米ドル(約2,616億7,300万円)。MICの事務局である投資企業管理局(DICA)が掲げる同年度の目標額58億米ドルに対する達成率は、7カ月間で約42%にとどまっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独立の英雄追悼、アウン・サン将軍命日(17:13)

軍幹部への制裁強化を主張、国連報告者(07/20)

国軍の威厳に傷、米制裁に報道官=地元報道(17:13)

中国初の中古車輸出、広州からカンボジアへ(07/19)

電力インフラ投資に弾み期待 料金引き上げは「追い風」(07/18)

17年の賃上げ率は1~5%=仏商議所調査(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

米が国軍司令官制裁、ロヒンギャ迫害巡り(07/18)

ヤンゴンの上水道利用率、25年までに90%に(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン